「突然で恐縮ですが駿河先輩、ちょっとピアスでも開けてみませんか?」
 突然も突然、突然が過ぎる。と、私の耳たぶにピアッサーを拳銃の如く突きつけてくる扇くんに、珍しく激しい抵抗を見せている私だった。
「いや、ちょっと待て。話が見えないぞ扇くん。とりあえず話してみろ。正直、積極的にきみに対する理解を深めたいとは思わないけれど、多分、話せば分かるから。とにかく、その、ピアッサーを下ろして」
 先輩を驚かせる為にわざわざ購入してきたのであろう、その穴を開ける為の工具を握る手を制止し、なんとか顔から引き離そうとしているのだが……結構力強いな、この子。ぐぐ、と力を込めて握り合った手と手は完全に拮抗していた。
「はっはー。話せば分かるって、控えめな命乞いのようでいて実は不遜な台詞ですよねえ。最終的に自分の意見を押し付けたいだけの言い訳じゃないですか。第一、僕達の間に対話は必要ありませんよ」
「必要ありまくりだよ。コミュニケーションを諦めようとするな。私は自分の意見を押し付けてでも自分の貞操を守りたい。そのくらいの権利はある筈だ」
「貞操は貞操でも耳たぶの貞操ですがね。まあ、思いの外普通の貞操観念をお持ちの駿河先輩に免じて正直にゲロっちゃいますと、僕も長くお付き合いしている先輩相手に、心を込めたプレゼントのひとつくらい用意しないと、いい加減愛想を尽かされてしまうかなー、と思いまして」
「尽かすとしたら今だよ、今!」
 私の耳元で試し打ちとばかりに針をガシャガシャやられている今!
 というか、開けるにしてもそんなにいきなり穴を開けるものなのか。冷やしたりとか消毒したりだとかするんじゃないのか? 開けようと思ったことがないから知らないけど、少なくとも心の準備くらいはさせて欲しい。
「冷やすとかえって開け辛いらしいので大変だと思いますよ」
「そんな正論っぽいこと返されても困るよ」
「えー? というか、駿河先輩なら痛いのがお好きだと思ってたのに。あなたの変態性って所詮その程度なんですね」
「そっ……!? いや、いきなり他人の耳に穴を開けようとする方が嗜好としては特殊だからな?」
「あはは。駿河先輩も中々言うようになりましたねえ――あっ」
 と、扇くんが上に覆い被さったまま、一貫してにこりともしない瞳で笑顔を作ったところで、私の巴投げが決まった。この技は安易に使いたくなかったのだが……しかし、彼は私の忠実な後輩を名乗っておきながら全く忠実な素振りを見せないので、私が有する奥義のひとつを見せるのもやむを得まい。
「あいたたた……酷いじゃないですか」
 数秒の間を挟んだ後、扇くんは部屋の隅から起き上がってきた。痛みを訴えてはいたけれど、作った笑顔は崩れていなかったので、同情の余地はないと判断する。
「そもそもどうしてピアス穴が開いていない人間にピアスを贈ろうと思ったんだ」
「ええーっと、……イヤリングだと思って購入したら、ピアスだったんですよね。返品するのも面倒だったし、だったら駿河先輩の耳にピアスホールを開けた方が手っ取り早いかと思って」
「本当の本当に私がきみに愛想を尽かすとしたら、多分今のタイミングだったな」
「ほらほら、どうせ話しても分からないでしょう?」

4

「駿河先輩って、僕のこと好きでもなんでもない癖に、どうして僕とセックスするんですか?」
「……きみ、そういう面倒くさいことを言う子だっけ?」
「どちらかと言えば。というか、そんな遊び人みたいな返しはしないでください」
 傷付いちゃうじゃないですかー、と背中の方で扇くんがじっとりと笑った気配がしたが、大したダメージも追ってなさそうだった。こういう口ばっかりのところはそれこそ、面倒くさいの筆頭なのだが。
「あーあ。憧れの先輩が性にだらしないだなんて、見損なっちゃうなー」
 シーツの上に寝そべっていた私を、半ば潰すようにのし掛かっていた扇くんは、詰るようにそう言った。元からゼロ距離だった四本の脚の位置が、絡むような配置に組み変わる。
「今、きみが言える、ような、台詞、か……?」
 彼の下半身が、立てた膝を軸に動き始める。肌と肌が擦れる感覚はするのに、耳から入ってくる音はぐちゃぐちゃと水っぽくて、何をしているかは察しがつくが、あまりフォーカスを当てたくなくて、止める。
 微睡みに落ちそうになっていた頭をゆるく持ち上げると、自分の長い髪の毛先と扇くんの掌が目に入る。伸びっぱなしの髪。手袋をしたままの手。手首までを黒いシャツが覆っているので、私はその下の肌の色を知らない。
 なのに。
「ねえ、どうして僕と、してるんですか?」
「……っ」
 腰の奥から迫り上がってくる感覚が瞼が重くしてきたので、睫で視界に薄い闇が重なる。私から見えない方の手が、私を扱く。押して、引いて、圧して、退いて、が繰り返されて、私の喉が愉悦の声を作る。だけど多分、彼はこれが聞きたいんじゃあない。
「はあ……なんか疲れちゃったなあ」
 緊張と解放を一定量繰り返すと、体勢はそのまま、体重がもろに落ちてきて、私の背骨を圧迫した。着地点には私の頭があった。扇くんはそのまま顔を覗き込んできて。
「ねえ、どうしてだと思います?」
 三度同じ事を訊いた。そうやって私を責める彼の唇の感触も、私は全く知らない。

1

「はあ……最近、なんだかやる気が出ないんですよねえ」
 講義が始まる前。教室の机に片肘を付けたまま、扇くんが言った。
 なんで彼が私の通う大学の講義室にいるんだろう? という疑問もないではないが、その突っ込みを入れるのも今更というか、野暮な先輩だと思われたくはないので、ここはスルーといこう。
 代わりに、
「きみがやる気に満ち溢れている様なんて想像付かないけどな」
 と、ちょっと強めに詰ると、扇くんは肘どころか頬まで机にぺったりとくっつけてうなだれながら、
「えー? そりゃあ僕は駿河先輩のように、いつでもどこでも元気一杯、お気楽に生きているキャラじゃないですけど、多かれ少なかれアップダウンはありますよ」
 と、反論した。台詞の半分以上が失礼極まりない言動で出来ていたので、危うく私の方が会話のやる気を見失いそうになる――のをぐっと堪えて。
「ちょっと早いけど、夏バテかな?」
「夏バテってなんですか?」
「えっ知らないのか? ……えーっと、暑くて食欲がなくなったり、身体が怠くなったり、そういう疾患のことだよ」
「あー、じゃあ多分それです」
 活力に欠ける肯定の返事をしながら、扇くんは私が持参していたカフェラテをストローから啜った(勝手に飲むことを許可した覚えはない)。確かに、私を煽るように見つめて来る瞳を覗き込んでみれば、心成しか虚ろな気がする(いつもだけど)。身体のみならず気持ちまで重苦しそうだ。
「あーあ。駿河先輩なんかに心配されるなんて、僕らしくないなあ」
「きみが落ち込むのは勝手だけど、先輩を巻き込むな。心配し甲斐がなくなるだろうが」
「はっはー。人は一人で勝手に落ち込むだけってやつですか」
「叔父さんの名台詞をそう悲劇的にもじって良いものなのか?」
 しかし、扇くんも病気になるんだなあ、と。
 考えてみれば極々当たり前のことなのに、何故かとても珍しい事象に遭遇したような気持ちになりながら、中身が半分まで減ってしまったカップを傾けていると。
「うーん……ちょっと自己肯定力を高めたいので、駿河先輩。手始めに僕の好きなところを百個くらい挙げて貰えませんか?」
「私がきみの好きなところを百も言えると思っている時点で、きみの自己肯定力は問題ないよ」

2

「いい加減、友達に戻るべきだと思うんですよ。僕と駿河先輩」
 いつになく浮かない顔で扇くんが言った。
「戻るべきも何も……きみと私、友達以上になった覚えがないのだが」
「あれ? そうでしたっけ?」
「そうだよ」
 昔の阿良々木先輩にもその気があったが、扇くんはどうも記憶喪失を装おうとする節がままある。かてて加えて、私同様、ない筈の記憶を捏造してふざける癖もあった。ハイブリッドなボケ方は器用だけど、先輩として流されまいと気を遣う必要があった。
 のっけから重苦しい表情をしていたからどんなシリアスな話が始まるのかと思いきや、私が突っ込むとすぐにいつもの飄々とした顔に戻ったから、まあ、例によって言ってみただけのジョークなんだろうな。
「そもそも、僕と駿河先輩ってお友達同士なんですかね?」
「友達――とはちょっと違うのかもしれないけどな。先輩と後輩だし」
「何を仰るんですか。愛さえあれば歳の差なんて」
「だからそれは友達じゃない間柄で使う台詞だろう」
 きみはどうしても一足飛びで私との距離を詰めたがるよな。
「えー? それはつまり、僕とはお友達になりたくないってことですか?」
「先輩と後輩で良いだろう。今まで通り」
「ははあ、成程。どうしても友達になりたくないというのなら、僕も駿河先輩と改めて友達以上の関係になるのは吝かではありません」
「分かった。きみとは友達で良い」
「わーい」
 と、扇くんは両手を広げて喜ぶようなポーズを取った。
 ……なんだかなあ。
 友達が欲しいんだったら、最初から素直にそう言えば良いのに。
「じゃあ、友達の駿河先輩。今度お家に遊びに行っても良いですか?」
「まあ、そのくらいなら良いよ」
「友達の駿河先輩とお泊り会がしたいなあ」
「うーん? それもアリなのかな? 私は男の子の友達がいた試しがないので、いまいち加減が分かっていないけれど、友達だったらパジャマパーティーのひとつやふたつ、やってもおかしくないもんな」
「あー、でも僕、枕が変わると眠れないんですよ。なので、寝る時は友達の駿河先輩のお胸を借りても良いですか?」
「あんまりふざけるようだと私は今すぐきみの友達をやめるぞ」
 私だって健全な女子高生だから、エロい話をする友達は少なくないけれど、きみをそういう友達としてカテゴライズするのはちょっと違う気がするんだよな。
「え? 駿河先輩ともあろうお方が、まさか友達を選り好みしているんですか?」
「また嫌な言い方をするなあ。そうじゃなくて、誰にだって話題の向き不向きがあるって話だよ」

1

「珍しいですね、駿河先輩がそんなものを飲むなんて」
「うん。何故か稀に飲みたくなるんだよな」
 と、つい先程コンビニで買ったばかりの栄養剤の小瓶の封を切った。掌の中で小気味良い音が鳴る。そのまま呷るようにして褐色の瓶を傾けると、冷えた液体と一緒に独特のえぐみが自分の喉を駆け抜けていった。一気に飲み干してからふと隣を見ると、扇くんはまるで化け物でも見たかのような目を私に向けている。
「なんだ?」
「いえ、別に。ドリンクの瓶を片手で開封出来る怪力に、ちょっとびびっていただけです」
「え。瓶の蓋くらい誰でも片手で開けられるだろ」
「えー? そうですかねえ」
 如何にも納得いってなさそうな面持ちで、扇くんは自分の手元の瓶を開けにかかる。そっちこそ手袋を付けたまま蓋を回す器用さで何をか言わんや、だが。
「誰でもかどうかは分かり兼ねますが、少なくとも僕みたいな奴はそもそも片手だけで開けようって思考になりませんよ。どんな握力してるんですか」
 そんな風に、心底ひきました、というような顔で目を細める扇くんを見ていると、何かひっかかる気持ちも微かに湧いてきたから少々考え直してみるけれど……しかし、やっぱりどう考えても、彼が指摘した私の所作に特筆すべき特異性染みたものは無いように思えた。
「駿河先輩みたいなスターにとってすれば、特に顕著なあるある話だと思うんですけど。自分が出来ることって自分にとっては出来て当たり前だから、他人にまで過ぎた期待をしてしまうことってありますよね」
 唐突に、なんだか説教めいたことを言い出す扇くん。私は叱られるのがあまり得意ではなので(誰だって後輩に嫌みを言われるのは好かないだろうが)、容易く機嫌が斜めになった。
「なーんておへそを曲げつつも、駿河先輩だって本当はどこかで分かっているんじゃないですか? なんだか自分は人とは違うなーって感じたことが一度くらい……否、二度三度と言わず、あるんじゃないですか?」
「そりゃあ一度くらいはあるよ。自分と全く同じ思考をする人間なんていないし、全く同じ嗜好の人間もいないだろう」
「誤魔化し方が下手ですね。極論でしか反論出来ないなんて、興醒めです」
「瓶の開け方ひとつに厄介な議論をぶつけてくるきみに言われたくはないよ」
 と、空き瓶をゴミ箱に捨てながら、私は生意気な後輩の為に溜め息を吐いた。
 まあ、今回のオチを正直に明かすならば、私の件の握力は、何を隠そう私の腕が猿だった名残だったなのだが――しかし、私の場合、偶々母が残したアイテムが手元にあったというだけで。同じ状況に立たされれば、どんな人だって己を獣に作り替える可能性はあったんじゃないか――なんて仮定の話すら、扇くんに言わせれば過ぎた期待なのかもしれない。

0

「うっかりすっかり忘れていらっしゃるようなので、僕から言わせて頂きます。駿河先輩、僕にチョコ渡すの忘れてますよ?」
「いいや、予定にないものは忘れたりしないよ」
 五日前につつがなく終了したバレンタインデーにおいて、私は専らチョコレートを貰う側である。自分で言うのもなんだが、結構な数を貰う方かもしれない。普段使いしている登校用のメインバッグだけでは収まりきらない為、この日に限りサブバッグを用意することは忘れなかった。かように、例年通り貰う予定はあったのだけれど、渡す予定などついぞ立てたことがない。
「ええー? うっかり屋さんな駿河先輩の為にと思って、恥を忍んでわざわざ教えてさしあげたのに」
「じゃあずっと忍んでろ。催促なんかせずに」
 さも残念そうに眉尻を下げて見せる扇くんだったが、如何せんパフォーマンスだということを経験上知ってしまっているので、あまり罪悪感は湧いて来ない。
「それに、仮に私がチョコを渡す側に回ることがあったとしても、それはただ一人にだけだ」
「えー。こんなにも懐いている僕を差し置いて、それはあんまりじゃないですか?」
「今のところ、戦場ヶ原先輩以外に予定はないな」
「あ。そっちなんだ」
「そっちってなんだよ」
「いやまあ。てっきり阿良々木先輩に渡すのかと」
「? どうして私が阿良々木先輩にチョコを渡さなくてはならないんだ?」
「……それを聞かせたら流石の阿良々木先輩でも傷付くんじゃないでしょうか」

1

「食欲旺盛な駿河先輩を見込んでのお願いなのですが……これ、僕の分まで食べてくれる気はありません?」
 と、真っ青なかき氷を前にしながら、扇くんが甘えてきた。彼が食している氷の山は三分の一が削られているけれど、残りを全部お腹に収めるには長い道のりになりそうだな、と推察する。
「食欲旺盛って言うけどな、扇くん。私も、これでも日頃から頑張って食べている方だから」
 積極的に食べて行かないと痩せていく体質の私は、今日もせっせとカロリー摂取に勤しむべきである。だけど、私は私で赤いシロップが掛かった山を食べ終えたばかりなので、扇くんの要請は辞退したいというのが正直なところだった。
「きみが一緒に行きたいって言ったんだろう。責任を持って最後まで食べるべきだ」
「こんなに大きいとは思わなかったんですよ。女子の如く胃が小さいもので」
「その言い訳は私の立場がないぞ」
「残しちゃっても良いですかね? 別に、命を頂いている訳でもないですし」
「それは――」
 と、反射的に何かを反論しかけたけれど、特に浮かばなかった。
 そりゃあそうだ――否、一緒に添えられた白玉やら練乳やら、ひいてはシロップに使われている着色料。その全てに人の手が加わっていないなんてことはないし、厳密には違うのかもしれないけれど――しかし感覚的に、扇くんがそう主張したがるのは、私にも分からない気持ちではなかったからだ。氷自体は溶けてしまえばただの水だし……。
 ただの水、か。
「はい、駿河先輩。あーん」
 記憶のフックに何かが引っ掛かりそうになった刹那。ふと前を見れば、扇くんがうんざりした様子で、氷が乗ったスプーンを私に差し出していた。
「あーん……じゃないよ。食べさせられ方が不服だった訳ではない」
「はっはー。着色料で舌が赤くなってましたよ」
「他人の口腔内に興味を示すな」
 舌に乗せられた青い味は冷たく、おかげで何を考えかけたのか忘れてしまったが、まあ良い。

1

「人気の公演のチケットが手に入ったので、駿河先輩、一緒に行きません?」
「公演? なんのだ?」
「おや、らしくなく察しが悪いですねえ。公演と言ったらひとつしかないじゃないですか」
「ひとつしかない訳ないし、その説明だけで全てを察せられる程、私ときみは仲良くないからな」
「またまた、そんなつれないことを言わずに。ほら、初期の駿河先輩って、阿良々木先輩相手にテレパシーとか普通に使っていたじゃないですか。あんな感じでひとつ」
「初期の駿河先輩って」
「えー。僕とは出来ないって言うんですか?」
「出来るかどうかはともかくとしてだな……きみとテレパスするくらいならディスコミュニケーションのままで良いとすら思うよ。で、なんだ? 私はどんなデートに誘われてるんだ? 分からないから口で言ってくれ」
「脱出ゲームです」

1

夏休み木乃伊収集編

 委細は省くが、旅先である。

「きみ、なんで私の部屋にいる?」
「いやあー、駿河先輩のお隣で見る夜景は違うなあー」
「はぐらかすな。なんの為にちゃんと二部屋取ったと思ってるんだ」
「ホテルの予約をしたのは僕ですけどねー。夜景が見えるホテルの予約を」
「夜景は条件に入れてなかったし、見たければ自分の部屋で見ていろ」
「良いじゃないですか。修学旅行みたいで。僕、転校してきた時期が時期だから、行ったことないんですよ」

 そういう理由を出されると、懐いてくる後輩に、自分の部屋に帰れと言い続けるのも気が引けるが……。

「適当な時間になったら消えるので安心してください」

 心中の動揺を読んだかのような言葉が飛んできた。扇くんは、備え付けの椅子に腰掛けて、輪っか状のスナック菓子(さっきコンビニで買ってきてたやつで、別にご当地系のお菓子って訳じゃない)をぽりぽりやっている。なので、私の心配は杞憂のようだ。

「今日の件、どうします?」

 ぽりぽりしながら、扇くんが話を振った。

「まさかあんなことになっているとは、流石の僕でも想定外でしたが」

 今日の件、というのは、私達がこの夏休みで骨を折っている木乃伊集めの件であり、想定外というのは、相応に困窮している状態である、という意味だ。

「そうだなあ……」

 BGMがぽりぽりしているから緊迫感に欠けるけれど、正直、あれは、如何ともし難い――というのが私と扇くんの共通認識だった。
 蒐集の先人である悪魔様は、毎度こんな難問に取り組んでいたのか、と思うと、今更ながら頭が下がる。あいつの場合は、個人的に不幸を愉しむというオプションが付いていたから、完全に私のようにハイリスクノーリターンという訳でもなさそうだが。
 私は頭を掻く。
 ぽりぽり。
 これは扇くんがスナック菓子を食べる音である。

「まあ、明日になってみればなんとかなる――とはいかないだろうが、何か状況は変わるかもしれない。だから、今日の夜は素直に休もう」

 とりあえず、解決策も先人に倣うことにした。私のような馬鹿にはあまり思い付けない方法だが、一旦問題から目を逸らすというのも、また新しい着眼点をもたらしてくれるかもしれない。希望的観測に縋ることにしよう。

「そうですね」

 と、扇くん。彼はなんだかんだで相変わらずのイエスマンなので、相談甲斐はあまりない。

「駿河先輩も、少しは賢い考え方が出来るようになってきたじゃないですか。不肖な後輩として、僕も嬉しい限りです」
「その言い方だと、きみが不肖なのは私の所為だとでも言いたげだな?」

 ぽりぽり。
 扇くんは無言で返事をした。それはつまり是ということだな?
 全く食えない後輩に対し、私が睨みを利かせていると。

「あ。そうだ」
「ん?」

 不意に、何かを思い付いたような顔をする扇くん。なんだろう? 少し遅れて、件の問題に光明でも見えたのかな? ――なんて期待をしてしまう辺り、一度目を逸らそうと言っておきながら、やっぱり心のどこかでひっかかったままであることに気付く私ではあったが……こういうところが沼地が言うような私の真面目さで、扇くんが言うような愚かさなんだろうなあ。

「駿河先輩、ちょっと左手を出して貰って良いですか?」
「左手? ああ、うん。良いけど」

 そのくらいでこの懸念が払拭されるなら安いものだ。言われるがまま、私は扇くんに自分の左手を差し出す。掌を向ける形で。
 私の左手は人の形に戻って久しいそれなので、もう道理に外れるような力は有していない筈なのだけど――それを扇くんは恭しく握って、手の甲を上にするようにひっくり返した。そして、私の足下に跪く。
 ……よく分からないが、この遣り取りには何か意味があるのだろうか? だけど、黒い髪が夜の夜景に照らされて、この子の立ち姿は(大変癪だが)絵になるよなあ。なんて、ぼんやり思っていたら。

「――駿河先輩、僕の家族になってください。結婚しましょう」

 扇くんは、スナック菓子で出来た輪っかを、私の薬指にはめた。

「今日一番の真剣な顔で言うことがそれか!?」
「はっはー。だって思い付いちゃったんですもん。これはやっておかないとなーって」

 私は自分の薬指ごと、はめられた輪っかを食べる。
 ぽりぽり。
 まったく、二重の意味ではめられた気分だよ。

1

シガーキス

「駿河先輩、一本ください」

 そんな風に扇くんが懐いてきたのは、喫煙所でのことだ。

「……自分のは?」
「充電切れちゃいました」

 と、愛用の電子タバコを自分の顔の横に持ってくる。その表情は、ここだけの話、割と造形は良いと思っている彼にしては冴えない顔だった。なんだか珍しいものを見たような気がした私は、その顔に免じられてやろうと、自分の持っていた箱から一本取り出す。私は彼と違って、一般的な紙巻タバコ派だ。安くてすぐに手に入る、そしてすぐにやめられるから。という特に面白くもなんともない理由で吸っている。

「ん」
「ありがとうございます。ついでに火もください」
「ライターくらい持ってないのか」
「だからいつも電子タバコ派なんですって。ライター不要です」
「ふうん」

 野暮なことを訊いた。というか、なんとなく察していたけれど、この子が困っている様は滅多に見れないような気がしたので、あえて意地の悪い質問をしただけである。
 扇くんは私から受け取ってすぐに百円ライターを鳴らした。
 かち。かち。かちかちかち。

「ねえ、駿河先輩。色々お借りしておいて文句を言いたくはないんですが、これ、点かないみたいですよ」
「オイル切れか?」

 使い捨てライターの中身をよくよく見れば、中の液体は殆ど残っていなかった。そういえば、さっきの私も結構苦労して火を点けた気がする。あれがギリギリで最後の一回だったか。

「……仕方ないな。分けてやるのは今回だけだぞ」
「はい」

 お願いします――と、扇くんは当たり前のように口に咥えていたタバコを渡してきたので、私は面食らった。

「え? あれでしょう? タバコ同士をくっつけて、火を移すやつ。シガーキスって言うんでしたっけ? でも、僕は紳士なのでそんな恐れ多いこと出来ませんよ。だから駿河先輩の方で火を点けて、そのまま僕にください」
「そのつもりだったけれど、きみ、本当に紙巻タバコ吸ったことなかったんだな……。普通にライターから火を貰う時もそうなのだけれど、基本的にタバコって、火に当てながら息を吸わないと点かないんだよ」
「へええ」

 なんて、彼は本当に知らなかったようで、感心したように眉を持ち上げた。そんな顔をするのも珍しいというか、なんなら私は初めて見るくらいである。

「はい、知りませんでしたね。僕も生まれて初めてあなたを心の底から尊敬しました」
「きみは馬鹿にしながらじゃないと人を尊敬出来ないのか? で、要るのか? 要らないのか?」
「要ります」

 今度は自分の口で咥えたまま、あげたタバコを私に差し出してくる扇くん。

「……もうちょっと吸って」
「こうですか?」

 暫くして、火が二つに分かれた。

「うわ。これ、結構キツくないですか?」

 と、隣で扇くんは顔を顰めたが、お味の方は流石に保証しかねるというものだ。
 私は灰皿に吸いさしのタバコを押し付けた。

2