シガーキス

「駿河先輩、一本ください」

 そんな風に扇くんが懐いてきたのは、喫煙所でのことだ。

「……自分のは?」
「充電切れちゃいました」

 と、愛用の電子タバコを自分の顔の横に持ってくる。その表情は、ここだけの話、割と造形は良いと思っている彼にしては冴えない顔だった。なんだか珍しいものを見たような気がした私は、その顔に免じられてやろうと、自分の持っていた箱から一本取り出す。私は彼と違って、一般的な紙巻タバコ派だ。安くてすぐに手に入る、そしてすぐにやめられるから。という特に面白くもなんともない理由で吸っている。

「ん」
「ありがとうございます。ついでに火もください」
「ライターくらい持ってないのか」
「だからいつも電子タバコ派なんですって。ライター不要です」
「ふうん」

 野暮なことを訊いた。というか、なんとなく察していたけれど、この子が困っている様は滅多に見れないような気がしたので、あえて意地の悪い質問をしただけである。
 扇くんは私から受け取ってすぐに百円ライターを鳴らした。
 かち。かち。かちかちかち。

「ねえ、駿河先輩。色々お借りしておいて文句を言いたくはないんですが、これ、点かないみたいですよ」
「オイル切れか?」

 使い捨てライターの中身をよくよく見れば、中の液体は殆ど残っていなかった。そういえば、さっきの私も結構苦労して火を点けた気がする。あれがギリギリで最後の一回だったか。

「……仕方ないな。分けてやるのは今回だけだぞ」
「はい」

 お願いします――と、扇くんは当たり前のように口に咥えていたタバコを渡してきたので、私は面食らった。

「え? あれでしょう? タバコ同士をくっつけて、火を移すやつ。シガーキスって言うんでしたっけ? でも、僕は紳士なのでそんな恐れ多いこと出来ませんよ。だから駿河先輩の方で火を点けて、そのまま僕にください」
「そのつもりだったけれど、きみ、本当に紙巻タバコ吸ったことなかったんだな……。普通にライターから火を貰う時もそうなのだけれど、基本的にタバコって、火に当てながら息を吸わないと点かないんだよ」
「へええ」

 なんて、彼は本当に知らなかったようで、感心したように眉を持ち上げた。そんな顔をするのも珍しいというか、なんなら私は初めて見るくらいである。

「はい、知りませんでしたね。僕も生まれて初めてあなたを心の底から尊敬しました」
「きみは馬鹿にしながらじゃないと人を尊敬出来ないのか? で、要るのか? 要らないのか?」
「要ります」

 今度は自分の口で咥えたまま、あげたタバコを私に差し出してくる扇くん。

「……もうちょっと吸って」
「こうですか?」

 暫くして、火が二つに分かれた。

「うわ。これ、結構キツくないですか?」

 と、隣で扇くんは顔を顰めたが、お味の方は流石に保証しかねるというものだ。
 私は灰皿に吸いさしのタバコを押し付けた。

2